生徒インタビュー 藤本紗輝さん

藤本 沙輝 さん

香川県在住 12歳

趣味はFUSION360と読書

Fusion360との出会いを教えてください!

くす:今日は香川県在住のFusion360次世代の星!藤本紗輝さんにインタビューを
私、楠田がさせていただきます。お願いします!
さき:お願いします
くす:Fusion360とはどのように出会ったのですか?
さき:えっ先生が教えてくれたんじゃないですか!!

くす:彼女はですね、僕が講師をしているロボット教室の生徒で、その一環でFusion360を触り始めました。
さて、僕が見る限り、そこからすぐに「どハマり」していたようですが、どういうところが面白いですか?
さき:ゲームとかと違って、自分で1から好きなものを思った形で作ることができるところが面白いところです。

くす:なるほど〜。よくわかります(笑)

くす:えっと、自己紹介を忘れてましたね。今は何年生でしたっけ
さき:小学6年生です!
くす:Fusion360ユーザの中でも最年少ラインですよね!すごい!

くす:現在開催されている押し出しコンペ!に作品を投稿されているんですよね

さき:はい。今回は蝶と国会議事堂をモデリングしました。 特に国会議事堂は、1ヶ月間頑張って細かい部分まで再現できたのが良かったです。
押し出しコマンドの回数が多すぎて死ぬかと思いました。(笑)

くす:押し出しコンペ、結果が楽しみですね。
押し出しコンペ以前にもたくさん作品を作ってますよね!

さき:例えばISS(国際宇宙ステーション)実験棟のきぼうのモデルを作ったりしました。

くす:何をもとに作ったんですか?

さき:ネットで写真を探して、目で見て写しました(笑)

くす:レンダリングすると、本物の写真と見分けがつかないほどですね!

今後の展望を教えてください

くす:将来の夢とかってあるんですか〜?
さき:宇宙関連の設計に関わる仕事がしたいと思っています。
くす:ぐ…具体的!僕なんて「なんかもの作りに関係のあること」ってくらいぼんやりしてたのに。たまげたなぁ。
くす:そこに向かって頑張って行きたいこととか、ありますか?
さき:先ずは、自分でモデリングしたものを切削したり、3Dプリントしたりして形にして行きたいです。
くす:いいですね〜!ということはCAMも勉強中?
さき:はい!
さき:夢っていうか目標としてFUSION360MEETUPに登壇させていただけるように頑張って行きたいと思います!
くす:MEETUPを知ってるとは!どこで知ったんですか?
さき:香川であったvol.09に参加して、「夢の世界にいるように幸せ」だったから、いつか自分が!と思っています。

くす:て、いってる彼女ですが、実は前回のFusion360Meetup Osakaで、
特別ゲストとして登壇したんですよね。どうでしたか?夢の舞台は?
さき:とても緊張しましたが楽しかったです。
今度登壇させていただく機会があれば、
もっと積極的に話せるようにしたいです!

これからの活躍にも期待ですね!